TOP
獨逸醸造法

明治時代当時の醸造を記した資料は残っておらず、当時の新聞広告に「獨逸醸造法」
という表記があり、ドイツスタイルで造られていたであろうという事から想像しラガー
タイプの製法で醸造しています。
麦芽の香味と、爽やかなホップの苦みのバランスがとれた深い旨味とコクが特徴です。

TOYODA BEER
深いコクと香味

下面発酵で低温で、ゆっくりと約ひと月かけて醸造するTOYODABEERは、
麦芽を4種類使い旨味を引き出し、一部ローストした麦芽を使用する事で
深いコクと香味を生み、喉越しにはホップ由来のフローラルな香りが広がり
余韻を楽しむ事ができます。

明治の頃にはどう造っていたのか、どのような苦労や喜びがあったのかなど
当時の日野人達の思いに浸り、当時の味を想像してみてはいかがでしょうか。

TOYODA BEER








TOYODA BEERの感想などツイートお待ちしております!



飲酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は適量を。